トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

インストール(DD-WRT)

Last-modified: 2016-03-23 (水) 12:31:59 (635d)
Top / インストール(DD-WRT)

インストール(DD-WRT)

※機種により、インストール方法が異なります。
 ここでは、実際にインストールに成功したBuffalo製、WHR-G54Sのインストール方法を記載します。
※すでに、最新のファームウェアはダウンロード・解凍が終了しているものとします。

まず、通常のメーカー純正ファームウェアアップデートの場合、Webインターフェースからのアップデート作業ですが、メーカーの仕様により、純正ファームウェアは暗号化されています。
このため、DD-WRTはアップデート用のファームウェアと認識されず、書き換えができません。
このため、TFTPを用いて、アップデートを行います。
※Broadcomチップを用いたルーターは、電源が入った直後にTFTP転送によりファームウェアをアップデートするための機能が搭載されています。

DD-WRT Wikiにて、BuffaloのWebインターフェイスから、ファームウェアアップデートする方法が掲載されていました。
ページ最後に追記しておきます。(07/04/14)

手順

  1. WHR-G54Sを、工場出荷状態に戻す
  2. WHR-G54Sの電源をOFF(電源プラグを抜く)
  3. WHR-G54S(LANポート)とPCを、有線にて接続
  4. PCのIPアドレスを、192.168.11.xxx サブネットマスク 255.255.255.0(Ex. 192.168.11.10)に固定
    (WHR-G54Sの工場出荷時設定が、192.168.11.1のため)
  5. スタート - ファイル名を指定して実行から、cmdと入力し、コマンドプロンプト画面を開く
  6. コマンドプロンプト画面で、解凍してあるファームウェアが格納されているディレクトリに移動
    (Ex. cd "C:\Documents and Settings\All Users\デスクトップ")
  7. tftp -i 192.168.11.1 PUT "ファイル名" と入力
    (Ex. tftp -i 192.168.11.1 PUT dd-wrt.v23_generic.bin)
    ここでは、まだEnterキーを押さないこと
  8. WHR-G54Sの電源をON(電源プラグを差す)
    直後に、Enterキーを押し、転送を開始
  9. すべてのポートのLEDが点灯
  10. LANポートのLEDが素早く点滅し、約6秒程度で転送が完了
    完了するとコマンドプロンプト画面に、メッセージが表示される
    (Ex. Transfer successful: 3502080 bytes in 5 seconds, 700416 bytes/s)
    私の場合、3分程度転送に時間がかかりました
  11. WHR-G54Sが自動的に再起動され、DD-WRTにて起動
    Bridge・DiagnosticのLEDが消えるまで、待つ
  12. 使用準備完了

Webインターフェイスからのインストール手順

基本的なやり方として、

  1. DD-WRTのファームウェアに、バイナリデータ追加
  2. メーカー標準のファームウェアアップデート画面から、バイナリ追加したファームを選択しアップデート
    詳細は、DD-WRT Wikiに記載されています。
    また、バイナリパッチのツールもフォーラムにて配布されているようです。